女性ホルモンの分泌量を増やす、6つの方法とは?

「何もしなければ、女性ホルモンは減っていく!!」

  1. 愛されたい欲求
  2. 香り
  3. ストレス
  4. 骨盤エクササイズ(ヨガ)
  5. ツボ
  6. 食べ物

2013-09-09_125629

残念な事実ですが…

20代をピークに、
女性ホルモン(エストロゲン)は、どんどん分泌されなくなっていきます。

40代では…その分泌量はなんと、半分になってしまいます。

 

女性ホルモンの減少は、美しさが損なわれていくことを意味するので、
深刻です。

ただこのグラフは、あくまで平均値にすぎません!
個人差は必ずあります。

貴方のがんばり次第で、未来は変わります☆

2013-09-09_154751
⇒「若さの秘訣?愛されることよ。」by マドンナさん

 

愛されたい欲求

valentine-card-with-a-kissing-couple_21-90186559

「恋をするとキレイになる」は、どうやら本当のようです!

恋愛をして、結婚して、子供を産み育てる…
それらを上手くいかせるために、女性ホルモンが活躍している…

逆に、
恋愛や異性に関心がなければ…
女性ホルモンは不要、と判断されて(自身の脳に!)
分泌量が減る、といえるのかも。

⇒詳細はこちら

 

香り

high-key-rose_21343979

女性ホルモンをどれくらい出すか…
決めるのは、あなたの脳。

でも意識的に指令を出すことは無理。
じゃあ、どうしましょう?

 

嗅覚(匂い)は、脳に直接的な作用をするそうです。
女性ホルモン分泌に有効な香りを嗅げば…♪

⇒最強の香りとは!?

 

ストレス

chelsea_21270896

30代・40代の働く女性にとって…
美しさを損なう、
最大の敵となるかも知れません。

ストレス!

 

ストレスを感じていると、
ホルモンバランスが乱れるだけではありません。

体内でステロイドが発生して、
女性ホルモンの働き&分泌を、邪魔します!

 

骨盤エクササイズ(ヨガ)

yoga-beauty-vector-material_34-55128

女性ホルモン(エストロゲン)は、卵巣で作られます。

その卵巣の働きを高めるために、
骨盤の血流を良くする方法です☆

ピラミッドのポーズで骨盤を開き、
三角のポーズで骨盤を閉じます。

 

■ピラミッドのポーズ

■三角のポーズ

各ポーズを30秒間キープする。
これを3回繰り返します。
1日1回寝る前に行うと、良いそうです☆

 

ツボ

2013-09-10_084314

「三陰交」のツボ(上の画像)を押してみて下さい。
痛ければ、女性ホルモンの分泌が減っている証拠です!

親指でゆっくりと深く押し当て&緩めて…
を、3分間くらい繰り返せば効果があるとされます☆

 

食べ物

soybean-quality-picture-material_38-4416

足りない女性ホルモンを、食べ物で補うという発想。

食物に含まれる、植物性エストロゲン。
これが女性ホルモンと同様の働きをする、と期待されているのですが…

ご注意:まだ医学的な臨床結果が出ていません。
過度な期待は、禁物かも知れません。

大豆イソフラボン…(豆腐・納豆・きな粉・黒豆・大豆)
植物性イソフラボン…(いちじく・ざくろ・りんご)
ビタミンE…(モロヘイヤ・植物油・バター・ゴマ)
ビタミンB6…(まぐろの赤身、バナナ)
オレイン酸…(オリーブオイル)

※出典:http://googirl.jp/biyou/1303female_hormone369/

コメントを残す